PayPay(ペイペイ)は設定さえしてしまえば簡単で便利でお得【メリットばかり!】

資産(お金)

この記事では、コード決済で支払いができるPayPay(ペイペイ)を使うメリットを紹介します。

スマホがあれば支払いができてしまうアプリがPayPay(ペイペイ)です。

でも、いままでどおり現金があれば支払いはできるので「わざわざPayPay(ペイペイ)を使わなくてもいいか」と思うかもしれません。

結論からいえば「現金よりも、使えるならばPayPay(ペイペイ)のほうがお得」です。

  • 高い還元率
  • 使えるお店が多い
  • いつもどこかでキャンペーン中

スマホで支払いするだけで買い物がお得になる、節約ができるなんて素晴らしい時代になってます。

近くにPayPay(ペイペイ)を使えるお店が多かったり、よく行くお店で使えるのであればPayPay(ペイペイ)を使えるようにしておいて損はありません!

PayPay(ペイペイ)に限った話ではなく、使えるお店ではコード決済アプリを使っておいたほうがお得ですよ。

まだコード決済アプリを使っていない人は、ぜひPayPay(ペイペイ)を使い始めてほしいと思っています。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)とは

PayPay(ペイペイ)は、QRコードやバーコードを使って買い物の支払いができる決済サービスです。

PayPay - QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPayは、スマホひとつでカンタン・おトクにお支払いができるアプリです。最短1分で登録完了!

コード決済サービスというと難しく聞こえるかもしれませんが、PayPay(ペイペイ)のアプリをインストールし、設定をすればスマホ1つで買い物ができるようになります。

お財布がなくても買い物ができて、細かいおつりをもらう必要もありません。

現在、ペイアプリはたくさんありますが、もっとも有名なのがPayPay(ペイペイ)だと思います。

太っ腹すぎるキャンペーンや、キャンペーンを告知するためのCM、CMにはインパクトがあって、あの曲とダンスが頭から離れない人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)のメリット

PayPay(ペイペイ)を使うメリットの詳細を紹介します。

スマホさえあれば支払いを済ませられて便利ですし、さらにPayPay(ペイペイ)を使って支払うとキャッシュバックもあるのも見過ごせないポイントです。

PayPay(ペイペイ)は3%の高い還元率が設定されている

PayPay(ペイペイ)を使って支払いをするだけで、キャッシュバックをもらうことができます。

19年7月時点でPayPay(ペイペイ)の還元率は通常3%と高いです。

還元率の高いキャッシュバックを目的だけに、PayPay(ペイペイ)を使い始めてもいいぐらいのメリットになっています!

現金で支払うとキャッシュバックはありませんよね。支払うことになる金額は同じなのに。

どうせ同じ金額を支払うことになるなら、PayPay(ペイペイ)を使ったほうがお得になります。

残念ながらPayPay(ペイペイ)は、現金のようにどこでも使えるわけではありませんが、使えるところでは現金よりも優先して使うべきです。

キャッシュバックがあるからといって、無駄な買い物をしてしまうのはよくありませんが、日頃から必要なものを買うときには積極的にPayPay(ペイペイ)を使ってお得な買い物をしていきたいものです。

PayPay(ペイペイ)を使うよりもお得な支払いができるなら、お得な方法を選んでくださいね。

ちなみに、クレジットカードのヤフーカードを用意すれば、PayPay(ペイペイ)の還元率はさらに上乗せできます!

PayPay(ペイペイ)の還元率3%、ヤフーカードでTポイント還元1%の両取りができます。

ヤフーカード以外のクレジットカードだと還元率が下がってしまうので、銀行口座からのチャージかヤフーカードを使うかの2択です。

私は銀行口座からチャージでPayPay(ペイペイ)を使い始めて、ヤフーカードを作りました。

PayPay(ペイペイ)は使えるお店が多い

PayPay(ペイペイ)はほかのコード決済アプリと比べると、支払いに使えるお店が多いです。

とくに「どこにでもあるお店」で使えるケースが多く、たくさんの人が使いやすいコード決済アプリといえます。

たとえば、コンビニならセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとどこでも使えます。

PayPay(ペイペイ)を使えるシチュエーションが多くなれば、それだけキャッシュバックされるのでメリットは大きいですよね。

自宅近くのスーパーで使えるようになってくれると助かるのにと切実に思っています。

いつもどこかでキャンペーン実施中

PayPay(ペイペイ)は「いつもどこかでワクワクペイ」と題して、さらに還元率が高くなるキャンペーンをどこかで実施しています。

PayPay(ペイペイ)で支払いをすれば、キャンペーン対象のお店で少なくとも10%の還元と強力。

毎月さまざまなキャンペーンが開催されていて、自分のライフスタイルにあったキャンペーンとなればメリットはかなり大きいです。

いつまで還元率を維持して、キャンペーンを打ち続けられるのかは気になるところですが、私は使えるときに使えるものは使っていくつもりです。

少しでも早くPayPay(ペイペイ)を使い始めてほしい理由は、恩恵を早く、トータルでできるだけ大きく受け取れるようにしておいてほしいからですね。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)を使うには最初に設定が必要

使えば便利でお得なPayPay(ペイペイ)ですが、スマホで使えるようにするために設定をする必要があります。

難しい設定ではないのですが、どうしても面倒には感じてしまうところです。

PayPay(ペイペイ)を使うかどうか迷っている人にとって、一番ハードルが高いところは最初の設定だと思います。

べつにPayPay(ペイペイ)を使わなくても買い物はすることができて、生活していけますからね。

それでも私は、多少設定が面倒だと思ってもPayPay(ペイペイ)を使うことをおすすめします。

最初に設定ができてしまえば、そのあとは簡単に支払いに使えますから。

キャンペーンなどに左右はされますが、多かれ少なかれキャッシュバックの恩恵を受けられるメリットはとても大きいです。

収入を簡単に上乗せできないというのが現実です。支出を抑えるためにも使えるサービスは積極的に使うといいですよ。

支出を抑える手段の1つとして、PayPay(ペイペイ)を使って欲しいと思っています。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)をヤフーカードと一緒に使ってTポイントを貯めよう

PayPay(ペイペイ)のチャージにヤフーカードを使うようにするとTポイントが貯めやすくなります。

PayPay(ペイペイ)で支払いをしたときではなく、ヤフーカードでチャージするとTポイントが付与されます。

つまり、PayPay(ペイペイ)を使うことで間接的にTポイントが貯まっていきます。

貯まったTポイントは自分の都合のいい方法で使えばいいと思います。

たとえば、ヤフーショッピングやLOHACO(ロハコ)の買い物に使えるので、日用品購入の節約になります。

私の場合、Tポイントを使って「ネオモバ」で株を購入しています。

まとまったお金をすぐに用意できなくても、ネオモバなら株が買えます。Tポイントを合わせて使えばさらに資金は少なくできます。

Tポイントにはさらに大きく育ってもらうつもりで投資しています。

スポンサーリンク

まとめ:PayPay(ペイペイ)にはメリットばかり

この記事ではPayPay(ペイペイ)を使うメリットについて紹介しました。

  • PayPay(ペイペイ)の高い還元率は魅力的
  • 最初の設定が面倒でも使い始める価値がある
  • ヤフーカードと合わせて使ってTポイントを貯められる

PayPay(ペイペイ)は、日本で一番有名なコード決済サービスと言ってもおかしくないぐらいです。

有名すぎるので、使っていなくても興味を持っている人は多いと思います。

少しでもPayPay(ペイペイ)に興味があるなら、ぜひスマホにアプリを入れておき設定まで済ませておいてほしいです!

必ずしも使う必要はありません。スマホに入れておくだけで損をすることもありません。

2019年7月現在、PayPay(ペイペイ)は使うだけでキャッシュバックをもらうことができます。

キャンペーンなどがあれば、さらに還元率が高くなることもあります。

お得感が高まったところで、自分の環境にあわせてPayPay(ペイペイ)を使うためにも準備はしておいて損はないですよ!

コメント