PayPay(ペイペイ)と使いたいクレジットカードはヤフーカード【還元率アップ】

資産(お金)

この記事では、コード決済で支払いができるPayPay(ペイペイ)と合わせて使いたいクレジットカードについて紹介します。

ずばり、PayPay(ペイペイ)でクレジットカードを使うなら「ヤフーカード」がいいです!

「ヤフーカードは持ってないけど、ほかのクレジットカードなら持ってるからそれでPayPay(ペイペイ)を使おう」と考える人もいるかもしれません。

ちょっとまってください!

クレジットカードは使うとポイントがもらえたりするので、積極的に使いたいのですが、PayPay(ペイペイ)だと銀行口座からチャージしたほうがお得かもしれません。

いや、多くの人は銀行口座からチャージしたほうがお得になるはず。

PayPay(ペイペイ)をよりお得に使えるようにしてくれるのが「ヤフーカード」です!

PayPay(ペイペイ)でヤフーカードを使うと還元率が高い

PayPay(ペイペイ)はクレジットカードのヤフーカードと相性が抜群によく、高い還元率が設定されています。

  • PayPay(ペイペイ)の還元率:3%
  • ヤフーカードの還元率:1%(Tポイント)

2019年5月時点で、PayPay(ペイペイ)とヤフーカードを組み合わせて使うと合計4%の還元率になります。

クレジットカードを使えると、カード独自の還元もあるのが嬉しいですね。

ポイントは「PayPay(ペイペイ)の還元率」です。

ヤフーカード以外のクレジットカードを使った場合だと、PayPay(ペイペイ)の還元率は0.5%になってしまいます。

ヤフーカードを使った場合の還元率との差は2.5%。

クレジットカード独自の還元を受けることができても、簡単には埋まらない差です。

PayPay(ペイペイ)のためにヤフーカードを作る価値はあります。

ヤフーカードは年会費無料で持つことができますし、そもそも1%還元されるカードは比較的高還元率なので持っておいて損はありません。

PayPay(ペイペイ)を使う大きなメリットはやはりキャッシュバックがある点です。ヤフーカードがあればさらに還元率を高めることができます。

PayPay(ペイペイ)をまだ使っていないのであれば、まずは使い始めることを前向きに考えてもらえるといいなと思っています。

ヤフーカード以外のクレジットカードよりも銀行口座を使ったほうが還元率が高い

ヤフーカードを持っていない場合は、ほかのクレジットカードを使うのではなく、銀行口座からPayPay残高をチャージして使ったほうがお得です。

ヤフーカード以外のクレジットカードを使ったとき、PayPay(ペイペイ)の還元率は0.5%になりますが、銀行口座からPayPay残高をチャージするとヤフーカードを使う場合と同じ還元率3%になります。

銀行口座からチャージをすると、クレジットカードが独自に用意している恩恵は受けられませんが、支払った金額の3%がPayPay残高としてキャッシュバックされるだけでも強力です。

銀行口座とPayPay(ペイペイ)の組み合わせで使うとしても、現金払いを続けるよりはお得なのでスマホにPayPay(ペイペイ)を入れておく価値はあります。

クレジットカードを使わずに、銀行から直接お金を使う流れのほうがたくさんキャッシュバックされるというは、なかなかない感覚なんですけど。

  1. ヤフーカード使用
  2. クレジットカード未使用(銀行口座からチャージ)
  3. ヤフーカード以外のクレジットカード使用

上から順に優先度が高い使い方になります。

ヤフーカード以外のクレジットカードをPayPay(ペイペイ)で使うケースは、ほとんどの人がないと思います。

ヤフーカードを持たずにPayPay(ペイペイ)を使い始めるなら、ヤフーカードの発行手続きをしつつ、それまでは銀行口座からPayPay残高にチャージをして使うのがいいです。

ほかに有利な支払い手段があるなら、ヤフーカードが手元に届くまで、有利な方法を使っていましょう。

PayPay(ペイペイ)を長く使うつもりならヤフーカードの用意をしよう

PayPay(ペイペイ)を使うならヤフーカードと一緒に使うのが理想的です。

PayPay(ペイペイ)を長く使いそうかもと思ってから、ヤフーカードを用意するのだって遅くはありません。

長く使うことになれば、PayPay(ペイペイ)を使って支払いをする機会が増えます。

支払う機会が増えそうなら、PayPay(ペイペイ)を使ったときの還元率は高くしておいたほうがお得です。

ヤフーカードは持ってて損はしないクレジットカードです。

  • 年会費無料で持てる
  • 還元率1%(Tポイント)
  • ヤフーショッピング、LOHACO(ロハコ)を利用時さらに還元率アップ

なによりヤフーカードは、年会費無料で持てるので、必ずしもヘビーに使う必要がありません。

使いたいときに使えばいいし、ほかにメインで使ってるクレジットカードがあれば、ヤフーカードはサブカード扱いでOK。

PayPay(ペイペイ)開催のキャンペーン時期にだけ使いたい場合でも、ヤフーカードならコストを気にかけることなく持っておくことができます。

もし年会費がかかってしまうのなら躊躇しますけど、持ってるだけならタダなので、PayPay(ペイペイ)目的でおうちに1枚ヤフーカードがあってもいいですよね。

キャンペーンが告知されてから用意をしようと思っても、クレジットカードって使いたいときにすぐ手元に届けてもらえるものではありません。

ぜひぜひ、ヤフーカードを事前に用意しておきましょう!

まとめ:PayPay(ペイペイ)をヤフーカードとセットで使おう

この記事では、PayPay(ペイペイ)で使うクレジットカードについて紹介しました。

  • PayPay(ペイペイ)でクレジットカードを使うならヤフーカード
  • ヤフーカード以外のクレジットカードを使うよりも銀行からチャージしたほうがお得
  • PayPay(ペイペイ)のためにヤフーカードを作っても年会費は無料

PayPay(ペイペイ) はクレジットカードを使わなくともキャッシュバックされるので、お得ではあるのですが、ヤフーカードと合わせるとさらに還元率がアップします。

そもそも、PayPay(ペイペイ)を使ったときのキャッシュバック3%が、ずっと続くのかどうかにも左右されますが、ヤフーカードと一緒に使ったときの還元率はとても強力です。

支払いのときにPayPay(ペイペイ)が使えるときには、積極的に使いたいですね!

コメント