Link(リンク)はURLをシェアするだけのSNS

ウェブ

この記事では、SNSのLink(リンク)について紹介します。

すでに有名なSNSは存在していますよね。

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム

1つぐらい使っているSNSありませんか?私はツイッターをやっています。

そんなSNSに新たに登場したのが「Link(リンク)」です。

これまでのSNSは、様々な方法で誰かとコミュニケーションを取ることができましたが、Link(リンク)でできるのはURLの共有だけ。

たったそれだけです。

タイムラインに表示されるのは、誰かがおすすめしてくれるコンテンツのみ。そんな「シンプルさ」と「わかりやすさ」に魅力を感じる人は使ってみてほしいSNSです。

「Link(リンク)」はURLをシェアするためのSNS

Link(リンク)は、URLのシェアに特化したSNSとなっています。

Link
URLしか投稿できないSNS「Link」

Link(リンク)でシェアできるのは、ニュースやブログ、動画などの「URLだけ」です。

Link(リンク)の名前どおり、URLリンクだけを共有するためのSNSです。

文章を添えたり、画像を載せたりすることはできません。誰かの投稿にコメントをする機能も搭載されていません。

インターネット上にあるコンテンツのシェアだけができます。

ツイッターみたいにうまいこと言ってみたり、インスタグラムみたいにキラキラした写真を用意する必要がないのはメリットと言えるかもしれません。

私がそういうの得意じゃないだけなんですけど、同時にシンプルでわかりやすいものが好きなので、できることが限定されているのはLink(リンク)のよさだと思います。

フェイスブックやツイッター、インスタグラムのようにユーザーが集まってくるSNSになるのかは別の話ですけど。

Link(リンク)の特徴

Link(リンク)はURLだけしかシェアできないだけでなく、ほかにも特徴があります。

  • URLのシェアは自分が投稿した扱いになる
  • 「いいね」がない
  • フォロー、フォロワーの数が表示されない

ほかのSNSに慣れてしまっていると、特徴よりも制限に感じるかもしれません。

URLのシェアは自分が投稿した扱いになる

ほかのSNSだと投稿をシェアしたとき、誰が発信したものかも合わせてシェアされます。

ところが、Link(リンク)の場合はシェアしたものは発信元はシェアされず、シェアした人が投稿したものとなります。

ツイッターでいえば、パクツイし放題じゃん!?

と、思ったのですが、そもそもシェアされるのがURLだけなので、パクるもなにもないってことです。

「いいね」がない

SNSにはおなじみの「いいね」がLink(リンク)にはありません。

いいねと思ったら、すかさずシェアしろってことですね!

「いいね」されるよりもシェアされたい発信者は多いと思っているので、この制限はいいんじゃないかと。

フォロー、フォロワーの数が表示されない

ほかのSNSだと誰がどれだけフォローしていて、フォローされているのかを数字で確認できますが、Link(リンク)では表示されません。

ほかの人だけでなく、自分のフォローやフォロワーの数さえ非表示です。

さらに自分以外の人がどんな人にフォローされているかは見ることができません。

ほかのSNSだと誰がどれぐらいの人にフォローされているのかがわかります。たくさんのフォロワーがいる人は、それだけ発信力を持っている目安となります。

力ともいえる数字がLink(リンク)だとわからなくなっています。

ウェブ版のみでアプリ版は後日実装予定

2019年5月16日現在、Link(リンク)はウェブ版でのみ公開されています。

iOS版での公開も予定されているとのことですが、はっきりとした予定は発表されていません。

ウェブ版も公開予定日を発表しながら、延期してきてやっと公開した経緯がすでにあるので、すぐにiOS版リリースとはならないかもしれませんね。

ユーザーとしては当たり前のようにウェブサービスを利用させてもらっていますが、作っている側の人たちはとても苦労されているんでしょう。

まとめ:Link(リンク)はURLをシェアするためだけのSNS

この記事では、SNS「Link(リンク)」について紹介しました。

  • Link(リンク)はURLのシェアに特化したSNS
  • 既存のSNSにおなじみの機能は徹底的に削除
  • ほかのSNSのように人を集められるかは疑問

Link(リンク)は、URLだけをほかの人と共有するためだけのSNSとなっています。

ほかのSNSで当たり前に使える機能である、コメントやいいねは実装されておらず、とてもシンプルです。

新しく見えるSNSですが、URLだけのシェアはやろうと思えば、ツイッターなどでもできることなんですよね。

でも、ツイッターではURLに自分なりの文章を添えてツイートすることがほとんど。URLだけでツイートされることがあまる見られないのには、やっぱり言葉が求められているからな気がします。

なので、Link(リンク)がツイッターでもできることで、ユーザーを集められるのかは疑問です。

今後の展望次第ですかね!?どんなSNSになっていくのか期待しています!

コメント