ソフトバンクとの戯れ【まさかの集中投資】

ネオモバ投資

この記事は2021年5月にネオモバで投資をした記録です。

今月のネオモバ投資はだいぶ偏ってます。

どんな偏り方をしているかというと「ソフトバンク」に集中した投資になりました。

集中していく方針を前もって打ち立てていたわけではなかったのですが。

結果的に集中した1か月になりました。

まさかのソフトバンク。

まさかではありましたけども、後悔はしていません。

ネオモバで保有している株は、しっかりと増やせていますから。

これからも、淡々と保有株数を増やしていくだけですよー。

ネオモバを使った投資に興味があったら、記事をまとめているので目を通してみてください!

スポンサーリンク

5月のネオモバ投資はソフトバンク月間

2021年5月はネオモバで2つの企業の株を買いました。

  • ソフトバンクグループ
  • ソフトバンク

企業名を見て思う。

果たして2つの企業と言っていいのか?

先月に続いての買い増しです。

ネオモバで保有している株の割合が以下の円グラフです。今月の投資は反映されています。

振り返ってみたらソフトバンク月間でした。

孫正義氏が率いる巨大組織、その本体が「ソフトバンクグループ」

ソフトバンクグループ傘下に位置するのが、携帯電話の回線契約など通信事業を手がける「ソフトバンク」

企業名で区別がしにくい!

日本の個別株投資を始めたばかりだったら、区別できなかった自信があります。

イメージしやすいのは通信事業のソフトバンクだと思いますね。

狙ったつもりはないのですが、今月の私はソフトバンクに集中投資をした1か月になりました。

スポンサーリンク

JT以来の集中投資

気づけば「ソフトバンク」に一極集中した投資に今月はなりました。

ふと思えば「JT」以来になりますか、極端に集中した投資をしたのは。

もともと、私はJTに全振りでネオモバ投資を始めたんですよね。

個別株に投資できるお金は少ないけど、ネオモバならちょっとずつ株買えるなー。

1株でも配当金ってもらえるんだなー。

JTの配当利回りめっちゃ高いじゃん!

JT買います!

みたいな。

1株だと株主優待の対象にはなりにくいのもあって、配当金を目当てにした投資のほうが始めやすく感じたのもありました。

今月のソフトバンクの投資に関しては、買い下がっていった結果です。

いわゆる「ナンピン」

ナンピン:保有している銘柄の株価が下がったときに、さらに買い増しをして平均購入単価を下げること

賛否あるナンピンですが、私はソフトバンクの保有株数を増やすのが今の目的なので、下がってくれたら買いやすくなるだけということで。

ナンピンしていった結果、今月のソフトバンク集中投資になりましたね。

スポンサーリンク

オリックスは買えないモード継続

買いたい欲が高まり続けている「オリックス」

上昇気流に乗っかりっぱなしです。

情勢に影響されてガクっと株価を下げた瞬間こそありましたが、オリックスは強い。

オリックスには人気の株主優待もありますしね。

配当についての前向きな発表もありました。

「利益予想達成できなくても配当金は予想通りで必ず出すよ」みたいな。

安定のオリックスに拍車がかかっています。

配当が予想を下回ることがないなら、近々の利回りは計算できるということですからね。

皮算用ではなくなるのが大きい。

オリックスの配当安定宣言で、さらに株価が好調を維持しそうです。

下には振れにくくなりそうですよね。

買い増しを考えるのがどんどん難しくなっていく。

スポンサーリンク

まとめ:ソフトバンクにどっぷり投資

この記事は2021年5月にネオモバで投資をした記録でした。

  • 今月はソフトバンク月間
  • JT以来の集中投資を実行
  • オリックスの買い増しは難しい

今月のネオモバ投資はソフトバンクへ集中投資となりました。

狙っていたわけではありませんが「ソフトバンクグループ」への投資が進みましたね。

ネオモバ投資を始めたころは「JT」に集中投資していましたが、いろいろな企業の株を買うようになってから投資先が集中するとは思っていませんでした。

買いたいと思っている「オリックス」は買い増しを難しくするマインドにさせられています。

「オリックス買いたい!」という思いだけでも吐き出しておきたくて、また今月も取り上げているところがあります。

オリックスはしばらく、簡単に買える株ではない気がしていますが、ネオモバ投資はしっかり続けていきます。

毎月少しずつ株を買えるのはネオモバを使って1株単位で売買取引ができるおかげです。

国内個別株を少しずつ始めてみたければ、ネオモバはおすすめですよ!

投資は自己責任です。

でも、株に興味があったら一緒に株式投資をしていきましょう!

コメント