テレワークのランチに一汁一菜をぜひ【みそ汁作ろうぜ】

ライフ(日常)

この記事は「一汁一菜」がテレワークのランチに向いている理由の紹介です。

一汁一菜は「ごはん・みそ汁」のシンプルな食事です。

  • テレワークのランチがちっとも浮かばない
  • 仕事の合間でごはんを作るのはめんどう
  • でも身体のことを考えて栄養摂りたい

こんな人にとって「一汁一菜」はおすすめのランチプランです。

適当におなかが空いたのを満たすのではなく、栄養を気にしたランチになります。

みそ汁なので、比較的軽い手間で作れるのもいいですよね。

一汁一菜のランチでテレワークにパワーを!

身体は資本です。

仕事でがんばるためにも、いいエネルギー補給をしましょう。

スポンサーリンク

一汁一菜はテレワークのランチに向いてる

在宅で仕事、テレワークがだいぶ普及してお昼ご飯を自宅で食べるようになった人も増えたと思います。

そんなテレワークをしているサラリーマンにおすすめしたい「一汁一菜」

「一汁一菜」とは料理家である土井善晴さんが提案する献立です。

土井善晴流一汁一菜:ごはん&みそ汁、これで十分!

本来だと「一菜」にあたる、おかず(漬物など)も並べて一汁一菜なんでしょうけど、みそ汁だけです。

  • みそ汁だけでOK
  • 具だくさんにすれば栄養OK
  • 入れる具材もなんでもOK

テレワークで自宅にいる時間が長くなったとはいえ、豪華でおしゃれなランチを作るのは難易度高いです。

みそ汁さえあればいい、おうちにある野菜をドサっと入れればいい、味付けはみそと顆粒だしを目分量。

十分立派なごはんのお供。

さほど手をかけなくても作れて、具材の選び方次第でしっかり栄養を摂ることもできます。

ヘルシーでしっかりめな食事ができるのがいいですよね。

みそ汁最強説あります。

土井善晴さんが提案する「一汁一菜」はテレワークのランチに向いた献立です。

スポンサーリンク

毎日の献立を考えるのは大変

毎日の献立を考えるのは、とても大変です。

テレワークで自宅にずっといるとなれば、毎日の昼食、週5日仕事をしてるとして5回のランチを用意することになります。

毎日の夕飯を考えるのだって頭を悩ますのに、さらにランチの献立まで考えなきゃいけないなんて。

ずぼらな私にとっては、かなりキツいミッションです。

私がつい手を伸ばしてしまうテレワークランチは、あったかければ美味しい品々。

  • 買い置きカップラーメン
  • 冷凍のチャーハンとかピラフ
  • 買い出しついでに買ってきたお弁当

ちっとも身体のこと考えてないですね。

栄養を摂るためではなく、空腹を満たしエネルギーを補給するための食事を選びがちです。

その日だけのことを考えれば、空腹を満たせるだけで午後も仕事を頑張れるのですが、長い目でみると身体が心配になります。

多少手間をかけることにはなりますが、適当でも野菜をいくつか入れたみそ汁を食べたほうが、身体にはいいでしょう。

保存ができれば、数回分のみそ汁を作って置けると、ランチの対応がかなり楽になるはずです。

野菜の不足を在宅ランチで補うようなことも「一汁一菜」なら視野に入ってきそうです。

スポンサーリンク

平日のお昼を全部一汁一菜にしなくてもいい

「一汁一菜」で用意するのはみそ汁一品とはいえ、平日のランチに毎回用意しなくてもいいと私は思っています。

みそ汁だけだとしても、作るのめんどうですよね。

自宅で仕事をしながら、お昼の準備までするのは簡単ではないはずです。

そもそも、会社に行って仕事をしていたときは、ランチを買ってきて済ませてたことありますよね?

お店に入って食事をしていたこともありましたよね?

私がそうでしたが、仕事に行ってる日のお昼は買ってテイクアウトするかイートインするかの2択でした。

急に「毎回ランチは作ったみそ汁」って決め込んでしまうと、よけいな負担を増やすことになりかねません。

適当すぎたランチを少しだけ「一汁一菜」にできたら、大きな進歩ですよ。

まず週1回「一汁一菜」でランチを用意するだけで十分。

週の半分を用意できるようになったら、だいぶ優秀じゃないですか?

最終的にランチも自炊が当たり前にするのは素晴らしいことだと思いますが、最初から無理な速度で切り替えていかなくてもいいですよ。

徐々に徐々にライフスタイルを変えられたらいいですね。

スポンサーリンク

まとめ:たまにお昼にみそ汁食べたらいいよ

この記事は「一汁一菜」がテレワークのランチに向いている理由の紹介でした。

  • テレワークのランチに「一汁一菜」がおすすめ
  • みそ汁に野菜を入れて、栄養しっかりめなランチができる
  • 献立を考えるのはめんどうで大変、毎日がんばらなくたっていい

「一汁一菜」は料理家である土井善晴さんが提案する「ごはん・みそ汁があれば十分」という献立です。

テレワークをやっていると、意外とランチをどうするか困るものですが「みそ汁作ればOK!」となれば、だいぶ気が楽になります。

適当に済ませるよりも、しっかり栄養が摂れる食事になるのもメリットですね。

身体にいいものを食べたほうがいいことは頭でわかっていても、献立を考えるのはめんどうだし、大変です。

みそ汁に身体によさげな野菜を入れる。

これだけでいい!

ランチのために毎日作るのだって大変です。

週1回でもいい!

みそ汁作った事実と野菜を食べた事実が、精神衛生を整えてくれる気がします。

コメント