最強のエンペルトをソロ攻略【レイド汎用ラウドボーンでギリギリ エルレイドも大活躍】

ポケモンSV

最強のエンペルト攻略

2024年2月上旬「ポケットモンスタースカーレット/バイオレット(ポケモンSV)」「最強のエンペルト」がレイドバトルに登場です。

黒い結晶のテラレイドバトルに最強のエンペルトが出現中!

最強のエンペルト出現!
★7の黒い結晶のテラレイドバトルにエンペルトが出現します!
今回出現するエンペルトはこおりテラスタイプで、非常に強力なポケモンです。

期間
2月2日(金)9:00~2月5日(月)8:59
(次回予定)2月9日(金)9:00~2月12日(月)8:59

黒い結晶のテラレイドバトルに最強のエンペルトが出現中!

最強のエンペルトは「水 / 鋼タイプ」で、テラスタイプが「氷タイプ」となっています。

人気ポケモンの「ポッチャマ」が最終進化した姿ですね。

カワイイからカッコイイに変わるかんじが私は好きです。

そんなエンペルトに最強の証を持たせるチャンスとなっています。

今回の最強のエンペルトは「ラウドボーン」でソロ攻略しました。

ラウドボーンによる「最強のエンペルトソロ攻略」について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

火力バフ対策が必須になる最強のエンペルト

エンペルトの特性「かちき」による火力バフが、かなり強力です。

かちき
  • 相手の技や特性で能力ランクが下がると「とくこう(C)」ランクが2段階上がる

今までの最強レイドだと、デバフを入れてうまくソロ攻略をすることが多かったのですが、今回は基本的に通用しません。

NPCに特性「いかく」を持つポケモンがいると助かるケースが多かったのに、火力デバフの特性のため、今回のエンペルトに関してはデメリットになります。

不用意にエンペルトの火力が上がってしまうと、全く手が付けられなくなってしまいます。

さらにテラスタルが氷タイプなのもあって、しっかり氷タイプの技を使ってきます。

エンペルトが使う氷タイプの技は「ふぶき」「れいとうビーム」です。

どちらも追加効果で、凍ってしまう危険があります。

さらにエンペルトはバトル中盤に「てっぺき」を使います。

物理アタッカーでエンペルトのソロ攻略を考える場合、ダメージを与えにくくなってしまいます。

中途半端な火力だと押し切ることが難しいです。

特殊アタッカーを選ぶか、耐久バフを貫くだけの火力を用意することになります。

最近の最強レイドと比べると、エンペルトは難易度が高めです。

デバフを入れたら火力が上がるという特性が厄介ですね。

耐久力を削り、一気に押し切るという展開を作りにくいので、うまく対策を考えた立ち回りで攻略することになります。

スポンサーリンク

最強のエンペルトをソロ攻略したラウドボーンの育成・技構成

私が最強のエンペルトをソロ攻略したラウドボーンについて、詳しく紹介します。

レイド周回汎用ラウドボーン
  • 特性:てんねん
  • 性格:ひかえめ
  • 持ち物:かいがらのすず
  • 個体値:こうげき以外「さいこう」or「きたえた」
  • テラスタイプ:炎タイプ
  • 技構成
    • フレアソング
    • にほんばれ
    • まもる
    • なまける
  • 努力値
    • HP(H):252
    • とくこう(C):252
    • すばやさ(H):4

もともとレイド周回汎用型として育てたラウドボーンです。

「テツノイサハ」のソロ攻略でも活躍してくれました。

まず、今回ソロ攻略してくれたラウドボーンだと、安定攻略はしにくそうに感じています。

ちょっとギリギリ感がありました。

努力値を「HP(H)」「とくこう(C)」に特化して育てていますが、耐久面に不安があります。

これからラウドボーンを育てるなら「HP(H)」「とくぼう(D)」あるいは「とくこう(C)」「とくぼう(D)」に特化して育てることをオススメします。

エンペルトの特性「かちき」による火力バフには、こちらもラウドボーンの特性「てんねん」で対抗します。

てんねん
  • 相手の能力ランク変化を無視する

ラウドボーンでエンペルトをソロ攻略できるのは、ラウドボーンが強い特性を持っているからこそです。

エンペルトの元々のタイプが水タイプなので、炎タイプのラウドボーンだと被ダメージを抑える工夫は必要です。

そこで使うのが「にほんばれ」です。

にほんばれ
  • 5ターンの間、天気を「晴れ」にする
  • 炎タイプの技のダメージが1.5倍
  • 水タイプの技のダメージが半減する
  • 「こおり」状態にならない。

天気を晴れにすることで、ラウドボーンの火力を伸ばしつつ、エンペルトの「なみのり」のダメージを抑えます。

ラウドボーンが炎タイプであるがために、エンペルトの攻撃は「なみのり」ばかりになります。

弱点を突かれる攻撃には困りますが「ふぶき」「れいとうビーム」がほぼ飛んでこなくなり、晴れ状態を維持できればそもそも凍らないので、状態異常対策はしなくて大丈夫です。

なので、持ち物には「かいがらのすず」を持たせて、少しでも回復量を確保します。

攻撃しながら回復ができても、HPを維持し続けるのは厳しいので「なまける」もラウドボーンに覚えておいてもらいます。

私はエンペルト攻略に特化して、ラウドボーンを育てたわけではなかったので、不安定さが気になるソロ攻略となってしまいました。

エンペルトを意識したラウドボーンを育てれば、だいぶ安定したソロ攻略になると思います。

スポンサーリンク

最強のエンペルトソロ攻略立ち回り

最強のエンペルトをラウドボーンでソロ攻略した立ち回りについて、詳しく紹介します。

最強のエンペルトソロ攻略立ち回り
  • まずは「にほんばれ」で天気を晴れにする
  • HPに余裕がある時は「フレアソング」
  • HPが4割程度の時は「なまける」
  • テラスタルはHPが高めのタイミングで使用
  • 天気が晴れ状態ではなくなったら「にほんばれ」
  • 特性を無効化された時は「まもる」

シンプルな手順でソロ攻略するのが、ちょっと難しくなっています。

大切なのは「にほんばれ」です。

晴れ状態を維持することを意識しておかないと、かなりの被ダメージを負うことになってしまいます。

ラウドボーンと言えば、攻撃は「フレアソング」が優秀ですね。

打っただけ火力も上がっていき、持ち物「かいがらのすず」を活かした回復量も増えていきます。

エンペルトの「なみのり」で弱点を突かれてしまうので、フレアソングで攻撃しているだけだと回復が間に合いません。

HPの残りを気にしながら「なまける」で大きく回復するタイミングを取ります。

ラウドボーンは特性を無効化されるのも、だいぶ痛いので、無効化されたタイミングだけは「まもる」を使ってしのぐようにしています。

「フレアソング」と「なまける」の使い分けがちょっと面倒に感じるところですが、テラスタルした後は、それなりに回復量を維持できるので、時間をかけながらバトルするとソロ攻略が可能です。

スポンサーリンク

エルレイドもソロ攻略適正が高い

ラウドボーンが特性の力を存分に使い、氷タイプにも有利な炎タイプということで、最強のエンペルトソロ攻略で活躍してくれます。

また「エルレイド」も最強のエンペルトに対して強く、活躍してくれるようです。

エルレイドは「スキルスワップ」を覚えるので、エンペルトの強力な特性を無効化することができます。

攻撃面でも「ドレインパンチ」をタイプ一致で打つ事ができるので、攻撃と回復の両立が可能です。

これから最強のエンペルトソロ攻略のために、ポケモンを育てるなら、エルレイドもアリですね。

コメント