インカム投資とキャピタル投資どっちがおすすめ?

投資知識

この記事は「インカム投資」と「キャピタル投資」についてです。

「インカムゲイン」や「キャピタルゲイン」って聞いたことありませんか?

ベーシックインカムということば、考え方もありましたね(脱線)

それぞれ投資で得る利益のことなのですが、利益の出し方が違います。

「じゃあどっちがいいの?」

となりますが、私の結論は「どっちでもお好みで」です。

これだと結局、結論がうやむやになっちゃうので、具体的に私の場合を紹介すると「ネオモバ投資はインカム重視」です。

じぶんの性格や時間などを考えて、長くインカムゲインを狙うスタイルに決めました。

私と考え方が近いひとだとインカム投資はおすすめです。

私の最終的な理想をいえば「インカムゲインもキャピタルゲインもどっちも取りにいく」なんですけどね。

スポンサーリンク

インカム投資とキャピタル投資の違い

まずは「インカム投資」と「キャピタル投資」の違いを確認します。

不動産で考えるとわかりやすいです。

  • インカム:家賃収入
  • キャピタル:不動産の売買利益

利益を得るポイントに違いがあるのがわかりますよね。

インカム投資とは

資産を持っていて得られる収入(インカムゲイン)を狙った投資がインカム投資です。

株などの配当金や分配金、物件の家賃収入などがインカムゲインですね。

ある程度、定期的な収入を長期的に期待した投資になります。

キャピタル投資とは

資産を売って得られる利益(キャピタルゲイン)を狙った投資がキャピタル投資です。

株や不動産などを買ったときと、売ったときの差額がプラスになるのがインカムゲインですね。

「安く買って高く売る」ことで得られる収入を期待した投資です。

スポンサーリンク

インカム重視でネオモバ投資中

私のネオモバ投資は、インカムゲインを重視した長期的な日本株への投資です。

じぶんの性格や持ってる時間を考えると、インカム投資が合ってるかなと思ったんですよね。

  • めんどくさがり
  • 損切りの決断がへたくそ
  • 株価の上下を気にしすぎなくていい

ポジティブなところがないですね。。。

基本めんどくさがりなんで「買う」ところに集中して、株を持ち続けるのが私向きの投資です。

また、損切りの決断力が弱いので「バイ&ホールド」を前提に考えて、ネオモバで投資しています。

値下がっても持ち続けるつもりになれる株を買っています。

そして配当を重視して、ネオモバでは「JT」「オリックス」などに投資を続けています。

もともとはTポイントを使う先としてはじめたのがネオモバでした。

いまはTポイントを株にできるだけに満足せず、これからの配当金を増やせるように資金をネオモバに投入して、こつこつ投資しています。

「買ったら持ったまま」が基本なので、売り時を考える時間がいらないのも助かってます。

貧乏暇なしを地でいってんで私。

株など金融資産を長く持ったままでいれば、配当金や分配金を受け取る回数が多くなります。

長期投資を考えたとき、インカムゲインを狙った投資は有力候補です。

たとえキャピタルゲイン重視の投資をしても、インカムゲインとして期待できる部分は見ておきたいポイントになるはずです。

スポンサーリンク

続けられる投資法を選べばいい

私のネオモバ投資はインカムゲイン重視ですが、インカム狙いとキャピタル狙い、どっちを重視したっていいんですよ。

インカム狙いかキャピタル狙いかで迷うなら「どっちならじぶんが持続できるか」考えるのがおすすめです。

インカムゲインを期待して割安株に投資するのでも、キャピタルゲインを狙って成長株を探すのでも、続けられてなんぼです。

そもそもどっちが正解ってものでもありません。

正解があるとすれば「資産が増やせた方法」です。

インカム投資でもキャピタル投資でも資産が増やせさえすればいいんですよ。

どんな方法で投資をするかは手段であって、目的は資産を増やすことのはず。

  • じぶんにあってそう
  • いそがしくてもやっていけそう
  • ストレス過多にならなそう

持続的な投資ができるのがだいじです。

インカム狙いとキャピタル狙い、どちらで投資をしてもマーケットに長く参加しつづけるのが優先。

それにインカムとキャピタル、いずれはどちらも狙うようにすればよくないですか?

いざ二刀流。

続けられそうな投資法ではじめてみて、落ち着いてきたら違う投資法もやってみる。

二刀流の完成です。

どっちがいいのか考えすぎるよりは、じぶんに合ってそうなほうを選んで、投資経験を詰んでいきましょう。

もしかしたら選んだほうがしっくりこないかもしれませんけど、経験は確実に得られます。

方針転換する理由が見つかることだってあります。

投資で利益を得るのはだいじですが、投資についての経験や慣れは知識だけでは補えない貴重なものです。

「じぶんは〇〇投資」ってきっちり型にはめなくていいんです。

やってみてからわかることはありますし、決めきれなければ状況しだいで変わったっていい。

片方だけにこだわる理由も、両方やらなきゃいけない理由もありません。

マーケットから退場することなく、長く投資を続けていく。

投資は資産を増やせる可能性のある貴重な手段。生き残るのだいじです。

生き残り続けて、投資方法の選択肢が増やせたら結果的にいいんじゃないですかね。

スポンサーリンク

まとめ:インカム投資もキャピタル投資も魅力あり

この記事は「インカム投資」と「キャピタル投資」についてでした。

  • インカム投資は株や不動産を持っていると得られる利益(インカムゲイン)
  • キャピタル投資は株や不動産を売って得られる利益(キャピタルゲイン)
  • どっちがいいか絶対の正解はないから、続けられそうな投資方法を選んでみる

どんな投資をしようか考えたとき「インカム投資」と「キャピタル投資」どちらで利益を狙うか悩むかもしれません。

長期的な収入になりうるインカムゲイン、いきなり大きな利益になりうるキャピタルゲイン。

どちらも魅力がありますよね。

悩んだとしても、結局どっちでもいいんですよ。

私はネオモバでインカムゲインを期待した投資をしていますが、キャピタルゲイン狙いの投資よりも優れている投資だとは思っていません。

じぶんの性格に合ってそうな方法、投資に使える資金や時間でできそうな方法、なにより続けていけそうな方法を選んでみてください。

いい結果さえ出てくれればどっちでもよくて、どっちでも結果が出せるようになるのが理想のかたちです。

迷いすぎず、こだわりすぎず、柔軟にいきたいですね!

コメント