TTPとは徹底的にパクること!マネするメリットをご紹介

ライフ(日常)

TTPって言葉をご存知ですか?

私は初めて目にしたとき、また難しい英語がでてきたなと思いました。

実際には、TTPは「徹底的にパクる」ことを意味しています。

なんだよ日本語じゃんかよ。拍子抜けだよ。

パクるというとあまりいい言葉に聞こえないところがありますが、マネすることを徹底すると経験を積み重ねることができて、結果として上達につながっていきます。

当たり前ですが、誰かの作ったものをあたかも自分の物とするのはダメですよ。

徹底的にパクるのは、取り組み方や方法です。物事の見方や考え方、価値観もいいですね。

マネをすることからスタートすると、迷いなく行動ができるようになるのがメリットです!

何かを始めようと思っている人、そして始め方を調べ始めた人、調べてわかったことをそっくりそのままマネしてみませんか?

考えてばっかりじゃなくて、とりあえずやってみればいいんですよ(自分への言い聞かせ)

準備はほどほどに、本番重視です。準備中にはわからなかったことも、やってみたらわかることもあるものです。

TTPとは徹底的にパクるの略語

TTPとは「徹底的にパクる(Tettei Tekini Pakuru)」を略して、カッコよく、ビジネス用語のようにしたものです。

初めて目にしたときは、どんな英単語の頭文字を取った言葉なんだ?と思ったものですが、めっちゃ日本語でした。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社元代表取締役社長、吉越浩一郎氏の言葉として有名になったようです。

パクる、盗むという言葉だとネガティブなイメージが強くなってしまいますが、真似をするということでは誰しもやっていることですよね。

「とりあえず真似してやってみよう」と思うことは多くないですか?

ゼロから何かを始めるって、とても難しいことですが、参考になるものがあると行動しやすくなりますし、成果を確認しやすくなります。

そんな「真似をすること」を徹底的にやるという意味がTTPという言葉に詰まってます。

完全コピーは論外ですよ。

偽物のブランド品とか、文章のほぼコピペとか、ルールやモラルを逸脱したものは真似をしたのではなく、悪意を持って文字通り盗む行為です。

あくまで常識の範囲内で徹底的にパクります。

真似することが上達への第一歩

いいパクり方、徹底すべきパクり方は、方法や考え方を真似することです。

真似をすることで上達し、目標に近づくための一歩になります。

真似して上達するって特別なことではなくて、誰しも無意識にやっていることです。

逆上がりをするとき、数学の公式を使うとき、レポートの書き方や仕事の進め方。

とりあえず、見本を見つつ、やってみてきたと思うんです。

頭に知識として入れ込んで、覚えたことをやるのではなく、やってみながら自分のものにしていったことがこれまでにあるはずです。

とくに身体を動かすことが実感しやすいと思っています。やってみて、やってみて、やってみて上達していきます。

スマホや家電もそうですね。説明書を端から端までしっかり読んで、使い方を覚える方は少数だと思います。

とりあえずスイッチオン。まずは電源を入れるところから。

行き詰ったら説明書を見るなり、google先生に助けを求めます。解決方法を見つけたら、そっくりそのまま真似してみますよね。

この真似してやってみることを徹底していくことで、繰り返すことで身体にやり方や方法が染みついてきて、上手にできるようになるんですね。

真似をするってインプットとアウトプットを同時にやることなんですよ。

インプットもアウトプットも大事なことではあるのですが、アウトプットをしてみてこそです。知識があっても使えないと意味がないから。

インプットとアウトプットという段階を踏む方法もありますが、真似をすることで一気に突き進んでいくことができます。

徹底的にパクった先に応用がある

徹底的にパクる、真似をするのメリットは、すでに結果がでている方法を使うことができる点です。

料理のレシピとかわかりやすいですね。

この食材使えばいいよ、こうやって味付けするとおいしいよって教えてくれます。

仕事術にライフハック、資産運用や投資手法、ブログ論とSNSの活用など、先人が提供してくれている情報はネットに溢れています。

まず真似してみて、自分で再現できるのか、そもそも自分にあっているのかを確認してみてください。

そのあとで、自分なりに応用して成果を伸ばしていきます。

方法の応用やアレンジは二の次です。

私のような凡人極まりない場合にこそ、徹底的にパクることが先決です。

真似できない、パクれないことを応用してみたところで、期待した結果を出すことはできません。

やり方がそもそも違うので、なにが問題なのかを検証してみても、ちゃんと真似できてなかったという結論に至ります。

徹底的にパクることって簡単なことでありながらも、簡単すぎることではないです。

徹底しようとすればするほどタフです。

だけど、ゼロから方法を考えるよりも、真似をしたほうが行動までが早いです。

考えてるうちにイヤになって辞めちゃうのは、もったいなくないですか?

やってみないと、うまくいくのかどうかもはっきりしませんよね。

最初から自分なりの方法でスタートすることにこだわるのではなく、真似してみることから始めると、行動を起こすハードルが低くなります。

オリジナリティってステキな言葉なんですけどね。

応用は基本があってこそです。基本は徹底的にパクることで身につけていきましょう!

真似をするって繰り返しもしやすいことです。繰り返すことで身につくことは、これまでの経験からもわかっていますよね。

まとめ:徹底的にパクることで経験を積む

そもそもTTPとは何かから始まりまして、マネして、パクって経験を重ねていくということを紹介しました。

  • 「TTP」とは「徹底的にパクる」こと
  • マネして行動することで上達に近づくことができる
  • 徹底的にパクってから応用することを考える

何もない状態でスタートするよりも、マネから入るほうがスタートしやすいですよ。

やってみてダメだったらそれでもいいんです。ダメだっていうことはわかります。

自分なりの方法は大事なことですが、それは基本があってこそ。基本は見本を徹底的にパクって身につけていきましょう!

コメント