ネオモバ投資の転換期【保有株の割合を変えていく】

ネオモバ投資

この記事は2021年2月にネオモバで投資をした記録です。

2月は保有している株の割合を変えていく決断をする月になりました。

ずばり「JTの保有割合を減らしていく」です。

JTが配当を減らす「減配」を決めましたからね。

ついに減配のときがやってきてしまいました。

ネオモバ投資では配当重視の方針で、JTを軸にしてきましたが、配当を減らすとなればJTに注力していく理由はなくなってしまいます。

配当重視の投資、甘くないですね。

いざ保有している株が減配となると、厳しさも感じるところです。

ネオモバを使った投資に興味があったら、記事をまとめているので目を通してみてください!

スポンサーリンク

高配当ポートフォリオを転換期到来

2021年2月はネオモバで4つの企業の株を買いました。

  • JT
  • オリックス
  • ソフトバンク
  • 三井住友FG

4つ全て、先月も株を買った企業です。

ネオモバで保有している株の割合が以下の円グラフです。今月の投資は反映されています。

配当を重視してきたネオモバ投資ですが、転換を迫られています。

JTが配当減を決めたからです。

ついに減配しちゃいましたね。

私のネオモバポートフォリオは半分近くをJTが占めています。

それもJTの高い配当ゆえなのですが、今後はJTへの投資をスローダウンさせて、ほかの株の保有割合を増やしていきたいと思っています。

具体的には40%以下に早い段階でしたいですね。

いまのところ、JTの株を売ることは考えておらず、ほかの企業の株を買っていくことで、JTの株が占める割合を減らすつもりです。

いつか手放すことを考える日もやってくるのかもしれませんが。

JTの減配は残念ですけど、ネオモバポートフォリオを転換させるいい機会にしたいです。

だいぶ偏っていた自覚はありましたから。

JTを集中的に買っていた時期があったとはいえ、アンバランスさは気になっていました。

2月もJTの株を買ってはいますが、だいぶ控えめな投資に落ち着きました。

スポンサーリンク

ついにJTが減配

ついに来るときが来てしまいました。

JTが配当を減らします。減配です

高配当といえばJT、JTといえば高配当だったんですけどね。

とはいえ、いつか減配はするだろうと予想はしていました。

減配の覚悟はしつつJTの株を買っていましたが、思っていたよりも早かったです。

まだ猶予はあるんじゃないかな?と思っていましたけど、希望的観測でしたね。

具体的には1株あたりの配当金が「154円から130円へ減少」です。

徐々に減らしていくかなって予想もしていたのですが、結構な減少幅です。

15%ぐらいの減少ですから衝撃あります。嬉しくない一撃。

また「配当性向75%を目安にする」とJTはしているようなので、さらに減配が進む可能性は高いですね。

いつかJTは減配するだろうと見ていましたが、いざ現実となると残念というか、寂しさがあります。

私がネオモバで最初に買った株はJTでしたから、思い入れというか複雑な感情があります。

スポンサーリンク

ネオモバでキャピタルゲインも考える

ネオモバ投資は配当を重視してきましたが、インカムゲインだけでなくキャピタルゲインも考えてみようかと思っています。

今回のJTのように減配するリスクを考えると、キャピタルゲインも考えておいて損はありません。

もしネオモバで保有している株が、そろって配当金を減らすようなことがあれば、さすがに収入へ響いてきます。

実は「キャピタルゲインを考えたくなった」というのもあるんですけどね。

配当金というインカムゲインに全力でネオモバ投資をしてきたのですが、保有している株の含み益を目にするとキャピタルゲインも魅力的。

インカムゲインとキャピタルゲイン、どちらかに強くこだわるのではなく、どちらも取れたほうがいいよね?って考えです。

いままでの方針を大きく変えようとまでは思っていません。

配当を重視するスタンスは変えず、少しキャピタルゲインを意識した株も持っていきたいです。

キャピタルゲインを狙うにしても、長期保有を前提にして、長く我慢強く投資していくつもり。

まずは試してみることからですね。

ネオモバなど少額投資ができると、試しながらの投資ができるのはいいなと改めて思っています。

スポンサーリンク

まとめ:JTの減配はネオモバ投資の転換ポイント

この記事は2021年2月にネオモバで投資をした記録でした。

  • 配当を重視してきたネオモバ投資の転換期
  • 高配当株のJTが減配を決めた
  • 配当重視を続けつつキャピタルゲインを考える

いままでJTの株をコツコツと買い続けてきましたが、ついに避けてほしかった現実がやってきてしまいました。

減配です。

破格の高配当がJTの魅力だったことを考えると、配当の減少は魅力の減少となります。

私のネオモバ投資はJTをメインにした配当期待の構成ですので、ダメージは大きいです。

JTをメインにしていた以上、これからのネオモバ投資について考え直さないといけません。

JTきっかけの転換期。

ほかの株で配当を期待し続けながら、キャピタルゲインへの意識も持って投資を続けていきたいと思っています。

不思議と絶望感はないんですよ。

方針を変えていくいいきっかけにさえ思ってます。

楽観しすぎることなく、確実に投資を進めていくことを忘れなければ個人的にはOKです。

毎月少しずつ株を買えるのはネオモバを使って1株単位で売買取引ができるおかげです。

国内個別株を少しずつ始めてみたければ、ネオモバはおすすめですよ!

投資は自己責任です。

でも、株に興味があったら一緒に株式投資をしていきましょう!

コメント